sumika-ロックとポップを兼ね備えた脅威のバンド!?

sumika-ロックとポップを兼ね備えた脅威のバンド!?

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

今日はロックとポップを兼ね備えたsumikaについてです!私は2回このバンドのライブやフェスで見たことがあるのですが、とても楽しかったので「まだ知らなかった!」という人もこれを機に知ってもらえファンになってもらえるとうれしいです!

では見ていきましょう〜!!٩(๑´0`๑)۶

sumikaってどんなバンド?

出典:(sumika 公式ホームページ)

sumika…「スミカ」と呼び、2013年5月にsumikaとsumika[camp session]を神奈川県川崎市にて結成。sumikaの時は通常のバンド形態であり、ロックとポップを兼ね備えたバンドである。sumika[camp session]の時はアコースティックバンドとして活動を行っています!またアコースティックver.の時はゲストも毎回呼んでいるそうです!

レーベルはmurffin discs/[NOiD]/ソニー・ミュージックエンタテインメント。
同年の10月には1stミニアルバムとして「新世界オリハルコン」をリリース。2014年11月にはmurffin discs内レーベル[NOiD]の第2弾アーティストとして2ndミニアルバム「I co Y」を発売しました。

2015年2月にサポートメンバーの小川貴之(Key, Cho)がバンドに正式加入するものの、8月には片岡の体調不良によりライブ活動を休止。11月には東京・shibuya eggmanで行ったワンマンライブをもって活動を再開させた。2016年3月には活動再開後初の作品として「Lovers / 『伝言歌』」を、2017年7月には初のフルアルバム「Familia」をリリース。

2018年4月には新作CD「Fiction e.p」を発売。バンド結成5周年に突入する5月からは東京・日本武道館公演2DAYSを含むバンド史上最大規模のホールツアー「sumika Live Tour 2018 “Starting Caravan”」を開催する予定でもあり、書籍から映画化され、更にアニメになっても映画化された『君の膵臓を食べたい』の主題歌を担当することになった。

参考:(sumika 公式ホームページ)

メンバー紹介

(左から順に黒田隼之介・片岡健太・小川 貴之・荒井智之)

出典:(sumika 公式ホームページ)

Gt.&Vo.片岡健太

sumikaの作詞作曲を手がけており、この人を中心にバンドが結成された。誕生日は9月30日で神奈川県川崎市出身。

またFM802『MUSIC FREAKS』やFm yokohama『Orange Floor』のラジオレギュラーでも音楽誌『音楽と人』にて毎月執筆を行っている。建築物と間取り図が好き。

 

Gt.&Cho. 黒田隼之介

誕生日は6月10日で神奈川県川崎市出身。

sumikaだけでなく他にもサポートギターをしており、banbiやWhiteCrow、SUPER BEAVERのギター担当の柳沢さんが入院をしている時はサポートギターとしてライブに参加もしていたことがありました。

 

Key.&Cho. 小川 貴之

元はsumikaのサポートメンバーとして活動を行っていたが、2015年2月にsumikaの正式メンバーとして加入をしました!誕生日は12月22日で出身は神奈川県横浜市。片岡健太だけでなく小川貴之も作曲をしています。

好きな物は文房具で、FM YOKOHAMAのラジオレギュラーを行っている。

 

Dr.&Cho. 荒井智之

誕生日は12月30日で、出身地は神奈川県のみ。

sumikaだけでなくEMPTYというバンドでもサポートドラムを担当しています!

 

私のオススメ曲TOP5

Loves

アルバム名:Lovers/「伝言歌」・アンサーパレード・Famillia

sumikaの曲の中で最も有名な曲で1番人気がある曲でもあり、YouTubeでも1500万回以上再生されたこの曲は題名でも分かる通り恋愛の曲で「Loves」は「恋人」という意味です!

私は歌詞の全てが好きですが、特にこの部分が大好きです!

たくさん比べて欲しい そんで何百万の選択肢から選んでほしい

だってその方がずっとずっと一緒に 寄り添い遂げられる気がしているから

引用:(sumika「Loves」 YouTube)

世界には何百万以上の人がいてその中でも一生のうちに出会う人は男女含めて約3万人と言われていて、その中でも更に自分の好きな人に出会い結婚する確率は…となると更に減りますよね!٩(๑´0`๑)۶

そんなこの曲は結婚式にはピッタリで、私も結婚したときにはぜひこの曲をかけてほしいものです♫

このMVではsumikaのメンバーがダンスをしているのですが、そのダンスもとてもかわいいので、ぜひ見てください!

 

「伝言歌」

アルバム名:Lovers/「伝言歌」・Familia

この曲にはまだMVがないのですが、この曲はsumikaの作詞作曲担当の片岡健太さんが18歳の時に作った曲です!sumikaの結成前に組んでいたバンドの代表曲にあった曲だったそうです。

また「この曲を音源化しよう」という話が何度も出ていたが、その度に曲ができた時の初期衝動のをパッケージングする自信がなかったようで断り続けていた。しかし休養を経て復帰するとなり、周りにいる人達の顔を見た時に「今のsumikaならいけるのではないか」と自然に思えて、メンバーに提案したことがきっかけだったそうです!

この曲の中では最初のキーボードではじまるこの曲。またこの曲中では更に「伝えたい〜♫」という歌詞が出てきます。それがとても印象的で一緒に聞いているとハモりたくなってしまいます!

皆さんは“言霊”を知っていますか?言霊とは日本において古くから言葉に宿ると信じられた霊的な力のことなのですが、口に出すことはとても大事なことで、夢は叶うと言われています。健太さんも言霊を信じていて「口に出して十回」と書いて、“叶う”に繋がると思っているそうです!

ちなみに「伝言歌」はなぜ他の曲と違って“「」”がついているか分かりますか?

この「」は封筒を意味しているそうです!

 

ふっかつのじゅもん

アルバム名:Dress farm #2・Dress Farm #3・I co Y

この曲は上で紹介した2曲とはまた違ったsumikaを見ることが出来ます!またこの曲を1度ライブにて生演奏を聞いたことがあるのですが、サビの「ヘイヘイヘイ倒せよモンスター…」の「ヘイヘイヘイ」では一緒に叫ぶと楽しいですし何よりもこの曲のRPG感が大好きです♡

一度ハマりだすと中毒性があるので、しばらくの間はこの曲で決まりですね!笑

 

春風

アルバム名:Famillia・Dress Farm #3

題名にある「春」といえば皆さん何月を想像しますか・大体3・4月のイメージを持たれると思うのですが、この曲は2017年5月に「Dress Farm #3」の3rdシングルの1曲として発表された曲です!

この曲を発表した時に「春の歌なのに遅くないか?」と言われそうですが、実は大きな意味があったそうです!

守るものや譲れないものがある人は日々何かと戦っていると思うんです。戦っているからこそ正しく傷ついていると思うんです。そういう気持ちを肯定してあげられるような曲を作りたくて。5月病という言葉もありますが、新生活や新学期などが始まる不安を抱えた3月、それを乗り越えるために必死になる4月を経ての5月って、やはり気持ち的にしんどかったりすることも多いと思うんです。だから5月にこの「春風」という曲で一緒に戦っていくような応援をできることが大事だったんです。だから3月、4月ではなく5月リリースで「春風」。

そして「Answer」という強い曲のあとに続く曲としてこの曲が担う役割は大きいですね。

引用:(sumika eggman)

意味が深いですね〜!作詞作曲した意味も知るとそれまでとその曲に対するイメージが変わったりしますが、作詞作曲の思いだけでなく、発表するタイミングなども知ると更に納得させられますね!(*^^*)

 

MAGIC

アルバム名:SALLY e.p・Famillia

この曲はsumikaのポップさを最高に表現した1曲となっています!ダンスを踊っている方はモデルの村田倫子をメインキャストとし、さらにダンサー8人のほか、「秘密の舞踏会」という呼びかけにより集まった100人のエキストラが参加していて、実はこの方々はsumikaのファンの方々らしいです!

 

最後に

いかがだったでしょうか?sumikaは上にも記載したとおり、書籍が映画化され、更にアニメ映画化にもされた主題歌「君の膵臓をたべたい」にも選ばれました!また2018年の夏にはロッキンやモンバスなど様々な夏フェスに呼ばれています!

そんな夏フェスにも多く呼ばれているsumika!私も実際にフェスで初めて見た時には、とても楽しかった印象をもちました!そんなsumikaにぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?٩(๑´0`๑)۶

アーティスト情報カテゴリの最新記事