AIR JAM2018-出演アーティスト全10組はこれだ!!

AIR JAM2018-出演アーティスト全10組はこれだ!!

こんにちは!Ponです(*´꒳`*)

先日AIR JAM2018についての記事を書きました!今回は4月16日に発表されたばかりの全10組のアーティストについて順に見ていきたいと思います♫

その前にまだAIR JAM2018について見られていない方はこちらからどうぞ☟この記事ではAIR JAMについてや、アクセスの仕方、変更点などについてこの記事では詳しく書いていますよ!

 

AIR JAM2018が速くもSoldout‼-「PRE-AIR JAM SHOW18」のゲストは元〇○⁉ 

 

出演アーティスト一覧!

出典:(AIR JAM 公式ホームページ)

出演アーティストは以下の通りです!

  • Hi-STANDARD
  • The Birthday
  • マキシマム ザ ホルモン
  • 10-FEET
  • KOHH
  • BRAHMAN
  • HEY-SMITH
  • SiM
  • SLAnG
  • 04 LIMITED SAZABYS

主催者であるHi-STANDARDを除く全10組です!

 

それではアーティストについて見ていきましょー!

 Hi-STANDARD

出典:(Hi-STANDARD 公式ホームページ)

メロディック・ハードコア、パンク・ロックなどが特徴で1991年に4人で結成するが、翌年にはVo,が脱退し現在の3ピースバンドとなる。90年代後半に日本にメロコアブームを作ったバンドでストレートのメッセージを英語の歌詞で表現している。また今回の主催者であり「ハイスタ」と略して呼ばれている。

メンバーは横山健・難波章浩(なんば あきひろ)・恒岡章(つねおか あきら)。横山健はPIZZA OF DEATH RECORDS代表取締役社長でもあり、そのPIZZA OF DEATH RECORDSにHi-STANDARDが所属している。

1999年に発売したアルバム「MAKING THE RORD」はインディーズ時代で異例の100万枚以上を売り上げた。国内外で精力的なライブ活動を続けていたが2000年のAIR JAMを最後に活動休止。メンバーはそれぞれソロやバンドで音楽活動を続けていたが、2016年10月には事前告知なしで突如16年半ぶりの新作「ANOTHER STARTING LINE」をリリースした。

 

Hi-STANDARDのオススメ曲「Stay Gold」

参照:(Hi-STANDARD 公式ホームページ)

 

The Birthday

出典:(rockin-blues)

2005年に元THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)とROSSO(ロッソ)のチバユウスケがイマイアキノブ・ヒライハルキ・クハラカズユキの3人を勧誘し4人で結成したロックバンド。曲調はガレージロックやパンク・ロックなど。

2010年8月に出演した“ROCK IN JAPAN FESTIVAL”を最後にイマイアキノブが脱退。翌年の2011年からは新しいギタリストにフジイケンジを迎え再び4人で活動を行っている。レーベルはユニバーサル ミュージック ジャパン。

 

The Birthdayのオススメ曲「くそったれの世界」

参考:(The Birthday 公式ホームページ)

 

マキシマム ザ ホルモン

出典:(マキシマム ザ ホルモン Twitter)

1998年東京都八王子で4ピースバンドとして結成。略して「ホルモン」と呼ばれている。

ホルモン独自の表現で意味不明に見えて実は奥深い歌詞と、激しいラウドロックにPOPなメロディを合わさせたサウンドスタイルが特徴。レーベルはバップ・Sky Records・ミミジカル。
メンバーはマキシマムザ亮君・ダイスケはん・上ちゃん・ナヲの4人で亮君とナヲは実の姉弟である.

国内フェスの他、バンド史上初のブラジル・チリ2000人規模の単独公演をSOLD OUT。さらにアメリカのバンドSlipknot主催の“KNOTFEST MEXICO”では唯一の日本人バンドとしてメインステージに出演した。

 

マキシマム ザ ホルモンのオススメ曲「予襲復讐」

参考:(マキシマム ザ ホルモン 公式ホームページ)

 

10-FEET

出典:(10-FEET 公式ホームページ)

 

1997年に結成した京都府在住の3ピースロックバンドで2000年12月に上京。略して「テンフィ」と呼ばれている。

メロディックパンク、ヘヴィメタル、レゲエ、ヒップホップ、ギターポップ、ボサノバなどのさまざまなジャンルを取り入れたサウンドが特徴で、メンバーはTAKUMA・NAOKI・KOUICHI。

日本だけではなくアメリカ・韓国・台湾でもライブを行うなど活動の幅を日本から世界へと広げている。また10-FEETが10周年を記念して2007年から主催しているフェス“京都大作戦”も京都府宇治市の京都府立山城総合運動公園の太陽が丘特設野外ステージで毎年開催しており、昨年の2017年には10-FEETが結成20周年・京都大作戦は10周年を迎えた。

 

10-FEETのオススメ曲「RIVER」

参考:(10-FEET 公式ホームページ)

 

KOHH

出典:(KOHH 公式ホームページ)

 

KOHHと書き「コー」と読む。KOHHは日本だけではなく、ヒップホップ界の中では有名中の有名。東京都生まれで独特な歌詞表現し思ったことを歌詞にしているかのような「適当」な音楽スタイルで2013年11月に全くの無名の状態から処女作 「YELLOW T△PE(イエローテープ)」を リリースした。収録曲の“JUNJI TAKADA”が高田純次のラジオ番組“高田純次の毎日がパラダイス”で紹介され一躍話題となった。

2014年2月、世界30ヵ国以上に支部を持つユース向けデジタルメディア“VICE”で特集され、日本人HIP HOPアーティストとしては初の快挙であった。

 

KOHHのオススメ曲「貧乏なんて気にしない」

参考:(KOHH 公式ホームページ)

 

BRAHMAN

出典:(VIZ-STOREサイトより)

1995年に東京で結成された4人組ロック・パンクバンド。ハードコアと民族音楽をベースにしたサウンドが特徴。メンバーはTOSHI-LOW・KOHKI・MAKOTO・RONZIで、レーベルはトイズファクトリーとレヴェレーション・レコード。

90年代後半に1つの社会現象になったパンクムーブメントにて絶大なる人気を集める。かつてはライブ中にMCをすることは一切なかったが、2011年3月11日の東日本大震災よりMCを行うようになったり震災の復興支援を目的とした活動を積極的に展開するようになった。TOSHI-LOWのMCは熱く長いことで有名でもある。2015年には20周年を記念して“尽未来祭”を幕張メッセで開催し、今年の2月には初の日本武道館にてワンマンライブを行った。

 

BRAHMANのオススメ曲「鼎の問(かなえのとい)」

参考:(BRAHMAN 公式ホームページ)

 

HEY-SMITH

 

出典:(激ロック HEY-SMITH)

2006年に猪狩秀平を中心に大阪府豊中市で結成されたパンクバンドで、略して「ヘイ」や「ヘイスミ」と呼ばれる。「バンド名の由来の「SMITH」は過去のメンバーの頭文字からとってつけ、「HEY」はなんとなくご機嫌っぽいから付けた」と公式ホームページに記載されている。レーベルはCaffeine Bomb Records。

2010年からは自主企画イベント“OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL”を主催しており、今までは大阪のライブハウスを数カ所使って行いたが2014年には大阪の泉大津フェニックスにて初の野外開催を成功させた。しかしこれ以降は活動を休止。
その後メンバーの脱退するが新メンバーがを募集して新たに加入し2015年にメンバーチェンジを経て現メンバーの猪狩秀平・YUJI・満(みつる)・かなす・Task-n(タスクン)・イイカワケンの6人体制で活動を行っている。
2016年には新体制で初めてのアルバム「STOP THE WAR」を発売し、同年の12月3日には10周年を記念して、大阪府民共済SUPERアリーナ(旧:舞洲アリーナ)にて初ワンマンを行なった!
HEY-SMITHのオススメ曲「Dandadan」

参考:(HEY-SMITH 公式ホームページ)

 

SiM

出典:(SiM 公式ホームページ)

Silence iz Mine(サイレンス イズ マイン)として神奈川県湘南で2004年に結成し、翌年の2005年に頭文字をとってSiMとして改名。「46」や「死夢」と書かれることもある。
曲調はハードコア、レゲエ、パンク、スカなどを取り入れ、他のアーティストには真似できないSiM独特のリズムを作り出す。メンバーはMAH・SHOW-HATE・SIN・GODRiの4人グループ。

2009年にSONYミュージックと契約するが、レーベルを解雇、2013年にはメジャーレーベルの10社以上が競合し、ユニバーサルミュージックとの契約を行う。2015年には最初で最後の日本武道館でのライブを行い、2016年には横浜アリーナでライブを行うが両日とも完売。
また2010年から渋谷Club AsiaにてSiMが主催する“DEAD POP FESTiVAL”を開催していたが、2015年には今の神奈川県川崎市東扇島で野外フェスとして毎年欠かすことなく行なっている。
SiMのオススメ曲「Blah Blah Blah」

参考:(SiM 公式ホームページ)

 

SLANG

出典:(SLANG 公式ホームページ)

1988年KOを中心に結成し、札幌をリプレゼントし続けるハードコアバンド。メンバーはKO・KIYO・SAKUMA・KOHEYの4人体制で行っている。

中心人物のKOは札幌のライブハウスSTRAIGHT UP RECORDSやKLUB COUNTER ACTIONの創立者でもあり、PIZZA OF DEATH RECORDS内にIN MY BLOOD RECORDINGSを立ち上げ札幌で勢いのあるバンドを中心にリリースしている。

また岩手県宮古市で開催されている“POWER STOCK”の主催である。POWER STOCKは復興支援フェスである。また東日本大震災の被災者支援プロジェクト“NBC作戦”の発起人でもある。

SLANGのオススメ曲「Scum」

参考:(SLANG 公式ホームページ)

 

04 LIMITED SAZABYS

出典:(04limitedsazabys 公式ホームページ)

2008年に名古屋で結成されたロックバンド。「フォーリミテッドサザビーズ」と読み、「04LS」や「フォーリミ」などと略されて呼ばれている。所属レーベルは日本コロムビアでメンバーはGEN・HIROKAZ・RYU-TA・KOUHEIの4人で活動を行っている。

2016年4月にはバンド主催の野外フェス“YON FES”を2日間地元である愛知県のモリコロパーク(愛・地球博記念公園)で開催し、そこでは計2万人を動員し完売。同じく2017年には日本武道館で行い即日完売させた。

メロコアな曲調が特徴なうえにヴォーカルのGENが出すハイトーンボイスと圧倒的なライブパフォーマンスが人気を生み、ファンの心を掴む。

04 LIMITED SAZABYSのオススメ曲「Squall」

参考:(04limitedsazabys 公式ホームページ)

 

最後に

いかがだったでしょうか?(๑´ڡ`๑) オススメ曲は他にもたくさんありますが、今回は公式のチャンネルがミュージックビデオを載せているものをベースに挙げさせていただいきました!

ミュージックビデオとして挙げられているものもあれば、そうでないものもありますが今ご紹介した全11組はAIR JAM2018に出演します!アーティストについて簡潔ではありましたが書かせていただいたので、各アーティストについて知った上でもたくさん曲を聞いてAIR JAM2018に備えてみてくださいね(*´∀`)

ライブ・フェス情報カテゴリの最新記事