ONE OK ROCK-バンド名の候補に〇〇もあった⁉

ONE OK ROCK-バンド名の候補に〇〇もあった⁉

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

今日は私の大好きなバンドの1つで日本のバンドながら世界水準に満ちた“ONE OK ROCK”についてです!

ONE OK ROCKってどんなバンド?

出典:(ONE OK ROCK 公式Instagram)

日本のロックバンドで、2005年にバンド結成し2007年にメジャーデビューする。「ワンオク」と略されて呼ばれたり「10969」と数字で表記されることもある。ちなみにファンの人のことをワンオクの頭文字をとって「OORer」と書かれることもある。

曲調はエモ、ロックなサウンドで、流暢な英語を話すところや歌唱力が人気である理由である。

「ONE OK ROCK」というバンド名になった理由は、結成当時にスタジをで練習する時間帯が深夜パックで料金が安くなる毎週末の午前1時だったことから“one o’clock”のo’clock部分を“OK ROCK”に換えて「ひとつの良いロック」として命名された。他に候補として「タクシーズ」や「ピストンズ」などがあったとのこと。

所属事務所はアミューズで所属レーベルは日本国内ではA-Sketchであるが、日本のみならず海外レーベルFUELED BY RAMEN(フュエルド・バイ・ラーメン)との契約をしている。

 

2012年の2日間に渡る横浜アリーナでのライブでは即日Soldoutし、2年後の横浜スタジアムでは2日間で約7万人を動員。2016年9月には、静岡県の渚園で2日間にわたり野外ライブを開催するが、過去に渚園で演奏を行ったB’zと同様の11万人規模を動員しました!

以前までは“テレビに出演しないアーティスト”として世間で言われていたが、2015年には「るろうに剣心」の実写化の映画の主題歌やdocomo・大手車メーカーのSUZUKIにてCMで様々な曲が少しずつ使われ始め、そこから大勢の人に認知されたバンドになって行った。現在は大手車のメーカーのHONDAのCMに使われている。

2017年1月にはアルバム「Ambitions」は前作から2作連続のヒットチャートの初登場で連続1位を全世界で同時リリースし、キャリア史上最大となる全世界ツアーを開催し、2017年は21カ国63公演を行いました!

参考:(ONE OK ROCK 公式ホームページ)

 

メンバー紹介

(左下:Ryota、右下:Taka、真ん中:Tomoya、奥:Toru)

出典:(ONE OK ROCK 公式ホームページ)

 

Vo. Taka

ワンオクの初期メンバーではなく、Toruからワンオクに誘われて加入した。親は森進一と森昌子で、元ジャニーズグループのNEWSでも活躍していた。本名は森内貴寛で、メンバーからは「森ちゃん」と呼ばれることもある。弟もいて、弟は同じように“My FIRST STORY”というバンドのVo.をしている。

Gt. Toru

結成当初からのメンバーのうちの1人。本名は山下亨で大阪府出身。結成当時はギターだけでなく、ギターボーカルをして歌っていた。「keep IT Real」や「努努(ゆめゆめ)」などはToruが数少ないラップを歌っています!

Ba. Ryota

Toru同様に大阪府出身で、本名は小浜良太。アヴリル・ラヴィーンの妹のミシェルと2017年2月20日に結婚報告をInstagramにて報告し、同年の10月22日に長女が生まれたことを報告している。

View this post on Instagram

I am so happy because I got married with Michelle!!She is so amazing😎❤️

A post shared by RYOTA (@ryota_0809) on

Dr. Tomoya

兵庫県出身。結成したときにお金がなく極貧生活を送っていたので、Takaの家で一緒に過ごしていた時期もあり、ご飯代とかはTakaに奢ってもらっていたという。本名は神吉智也(かんき ともや)で2017年6月9日に名前は挙げていないが、Instagramにて結婚を報告している。

私のオススメ曲Top5

完全感覚Dreamer

アルバム:完全感覚Dreamer・Nicheシンドローム

「“ワンオク”と言えば?」とファンの人に聞くと必ず出てくるほどの名曲中の1曲。この曲は昔深夜に放送されていた「あらびき団」というお笑いネタ番組で2010年2・3月のエンディング曲として使われていました!

また「キリトルTV」という番組内で、フィギュアスケート選手の羽生結弦選手が練習前のウォーミングアップの際に聞きながら練習している曲として紹介され、世間の人に知れ渡った1曲でもあり、シングル“完全感覚Dreamer”ではバンド初のオリコン週間チャートでトップ10入りを果たしました!

The Beginning

アルバム名:The Beginning・人生×僕=

この曲は佐藤健が主演しアニメや漫画から実写化された“るろうに剣心”の映画の主題歌の曲で,ライブでも必ずと言っても過言ではないぐらいしてくれる曲です。“るろうに剣心京都大火編”では「Mighty Long Fall」・“るろうに剣心 伝説の最期編”では「Heartache」の曲を担当しています!

We are

アルバム名:Ambitions

この曲は2016年1月9日にONE OK ROCKの18祭(18フェス)のために作られた曲で1000人の18歳とコラボをしNHKで放送されました!

その1000人はただの18歳ではなく、いろんなことに挑戦し挫折や苦悩を味わっている人たちが「自分が今頑張っていること」を動画にして事前に送り、それをワンオクのメンバーが見て動画選考をして集められた人たちです。

この曲はそういう思いを抱いている人にワンオクが応えようとして作られた曲なので、そう意図がわかるとまた違ったところが見えてきます。日本語と英語が混じっていますが、ぜひ和訳してみたりされている動画やサイトも見てみてくださいね!

ライブでみんなで「We are〜 We are〜」とハモるところは特に最高ですし、歌詞では「鏡に映った 僕が問いかける 自分を誤魔化し 生きることに意味はあるのか」からのサビに向かうところは特にグッときます♫

キミシダイ列車

アルバム名:残響リファレンス

この曲は完全感覚Dreamerと同様に羽生結弦選手が2015年のGPファイナルでの勝負曲として練習中に聞いていて、自分のモチベーションをあげていた曲として有名です!またこの曲は「過去の自分があるからこそ今の自分がいる。」
ということを教えてくれる曲でもあり、私は歌詞の中でも特にここが大好きです!

Just hold on tight, It can be all right
We take it back 取り戻すのさ
過去の自分が今僕の土台となる wow
・・・・(省略)
こんりんざい僕は言わせぬから
「過去がこうだ!だから未来もこうさ!!」
もうくだらん これだから嫌になる
「もういいや このまま死んだって」
…って思うほどバカに生きてるから
ホラ気付けば また今日も歌ってる!!

引用:(うたまっぷ「キミシダイ列車」/ONE OK ROCK)

この曲はMVはありませんが、一般の方がライブ映像をYouTubeにてアップされているので見たい方はそちらをご覧くださいね♡

C.h.a.o.s.m.y.t.h

アルバム名:残響リファレンス

この曲は“C.h.a.o.s.m.y.t.h”と書いて「カオスミス」と読みます。
C.h.a.o.s.m.y.t.hはTakaがこれから社会人になる友人に向けて作ったと言っていて、歌詞カードには歌詞の他にこう書いてあります。

Thanks to

Ken Call

Ikeda,

Atsushi

Osamu

Shouhei

Momo

Shintaro

Takeru

Haruma

この中のTakeruは佐藤健、Shintaroは山田親太朗ではないか…などと予想されています。

この曲はまさに友情を物語っており、MVでもワンオクのメンバーが途中から出て来て仲よさそうにしている姿が出て来ます。出会いや別れの季節でもある春の季節にはもってこいの曲かもしれませんね!私もこの曲がでた時はちょうど高校生だったので、卒業式ではこの曲を歌いたいな〜と密かに思っていました(結局歌えず合唱曲でしたが…(ㆀ˘・з・˘)笑)

 

最後に

この前私はONE OK ROCKのドームツアーのライブに行って来ました!ONE OK ROCKのライブは人生で2回目で、前回のライブから5年ぶりのだったのですが、Takaの生歌は「何回聞いてもいいなぁ〜」と思いましたし、音楽の力の凄さに驚きました(*^^*) 今回私が行ったライブは全席指定席で、私と一緒に行った人たちがロックバンドのライブに行ったことがない方々でしたが終わった時には「楽しかったし、また行ってみたい!」と言っていました!それぐらい初めての人でも安心して楽しむことができるライブなのでぜひ行ってもらいたいと思います!

アーティスト情報カテゴリの最新記事