MAN WITH A MISSION−海外の音楽雑誌の表紙を飾る人気の理由とは⁉

MAN WITH A MISSION−海外の音楽雑誌の表紙を飾る人気の理由とは⁉

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

先日 “狼バンド” として有名なMAN WITH A MISSIONがついにイギリスの音楽雑誌「Rock Sound」の表紙を飾ることを発表しました。

今回はそんなMAN WITH A MISSIONがなぜこんな日本だけでなく、外国からも人気を呼んでいるのか見ていきたいと思います!

 

☟MAN WITH A MISSIONについての記事はこちらから 🙂

MAN WITH A MISSION-2年ぶりのツアー決定!!ファイナルはまさかの◯◯◯!?

 

Rock Soundってどんな音楽雑誌⁉

Rock Soundとはイギリスの音楽ロック雑誌で1999年3月〜出版されています。日本版でいうとMUSICAやTalking Rock!ですね♪

過去にはTHE ROCK SOUND 50ではRock Sound雑誌が選んだ「ロック界で最も勢力のある50人」のランキングという企画があり、その中で2017年には20位・2018年には2位にONE OK ROCKのVo. Takaが選ばれたこともあります✧

出典:(Rock Sound 公式Twitter)

 

そんな雑誌の3月号としてMAN WITH A MISSIONが表紙を飾ることになりました!

出典:(rockin’on.com)

表紙を飾る以外にもGt.&Vo. ジャン・ケン・ジョニーのインタビューや特大ポスター・フォトブックが付属されているそうです(*^^*)

そんなイギリスの国内最大級のフェスでもあるDownload Festivalが2019年3月21日に日本の幕張メッセにて開催されるのですが、そこにMAN WITH A MISSIONも出演することが決定しました!

 

では、なぜここまでMAN WITH A MISSIONが日本だけでなく海外でもこんなに人気なのか?その人気の秘訣についてい迫りたいと思います!

 

なぜ世界中からここまで人気を集められたのか?

出典:(MAN WITH A MISSION 公式Twitter)

ここではMAN WITH A MISSIONがここまで人気が出たのでしょうか?

その理由について見ていきたいと思います‼(*^^*)

 

“狼バンド”というコンセプトだったから⁉

まず「これだ!」と思った理由はこれだと思います‼それは‼(「゚Д゚)「ガウガウ

エレクトリックレディーランドの天才生物学者であるジミー・ヘンドリックス博士によって究極の生命体を作り上げたものがMAN WITH A MISSIONと公式サイトには記載されていますが、そのコンセプトが日本だけでなく海外でも受けたのだと思います♪

 

そんなことが書いてあったり人から聴くと単純に「どんなバンドなんだろう〜」って気になりますよね(笑)

 

英語がペラペラ&日本語がカタコト‼

MAN WITH A MISSIONは直訳すると “使命を持った男” という意味でメンバー全員が話せるのではなく、Gt.&Vo.のJean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)のみが唯一話せるところがおもしろいのかもしれません(*^^*)

 

また日本人バンドなのにも関わらず日本語がカタコトで英語はペラペラ‼(笑)「日本人なら普通は逆でしょ‼」とツッコミたくなりますよね:D  YouTube上にて外国人がJean-Ken Johnnyについてレビューしている動画があるのですが、それを見ると彼の英語力は完璧だそうです✧

 

歴史がすごい‼

MAN WITH A MISSIONは2011年の京都大作戦での出来事。彼らは結成して1年半というところだったそう。

京都大作戦の主催者の10-FEETというバンドが当時サブステージの牛若ノ舞台に出る予定だったのですが、メンバーが「このバンドはいいんだぞ」と言ったことで、入場規制がかかったり過去の動員記録も抜いたという伝説の持ち主。しかもちゃんとした音源はまだなかったとか⁉

またライブでのゲストは日本のバンドに留まらず、Fall Out BoyやDon Brocoなど有名なアーティストとも行っています!

 

最後に

いかがだったでしょうか?今回はMAN WITH A MISSIONについて見ていきましたが、雑誌に出るだけでもすごいのに表紙も飾るってすごいですよね(笑)日本だけでなく海外でも通用する彼らですがフェスに行くとMAN WITH A MISSIONのグッズを持っている人が多く、年齢層も老若男女で多くの人から幅広い支持を受けていることが目に見えて実感します(*^^*)

スポーツや芸能などの面で世界に活躍をする人はいますが、こうやって音楽の世界でも日本を代表して活躍をしてくれるっていいですね♪3月にはDownload Festivalも控えているので、彼らの活躍が楽しみです(「゚Д゚)「ガウガウ

 

アーティスト情報カテゴリの最新記事