2019年「コレはバズるぞBEST10」に入ったアーティストはあのバンド!?

2019年「コレはバズるぞBEST10」に入ったアーティストはあのバンド!?

こんにちは!Ponです!

バカリズムの音楽番組「バズリズム02」の中で毎年新春企画として人気の企画「コレはバズるぞBEST10」の2019年ver.がついに発表されました!今回はそのBEST10について見ていきたいと思います♪

 

コレはバズるぞBEST10って一体何⁉

出典:(音楽ナタリー)

「コレはバズるぞBEST10」は2016年から始まった企画で音楽関係者244名や愛音楽好きファン300人にアンケート調査をし、その年ごとにブレイクするであろうアーティストをランキング形式で予想するもの。

2016年は上半期・下半期と2回に分けていましたが、2017〜は毎年新春企画として正月に発表されるようになりました!今まで1位に輝いたアーティストはWANIMAやMy Hair is Bad・ヤバイTシャツ屋さん…などどれもブレイクしているアーティストばかりで、今や「新人アーティストの登竜門」とも呼ばれています(*^^*)

 

2019年「これはバズるぞBEST10」がついに発表‼

それではBEST10に見事輝いたアーティストについて紹介していきたいと思います!

第10位 マカロニえんぴつ

出典:(マカロニえんぴつ 公式ホームページ)

2012年Gt.&Vo. はっとりを中心に神奈川県で結成されたロックバンド。メンバーはGt.&Vo. はっとり・Gt.&Cho. 田辺由明・Ba.&Cho. 高野賢也・Key.&Cho. 長谷川大喜の4人で全員が音大出身で、音大の同じコースの友達と結成したことが結成したきっかけだそうです!

 

マカロニえんぴつのバンド名の由来は、インタビューでこう答えています♪

「マカロニ」って覗くと空洞じゃないですか?その空洞の部分って存在しない物で、だけど…有名な哲学者の言葉で「ドーナツの穴を食べる」ってあるんですけど…それに近い物で、何も無いような物だけれども、その存在意義を意識して……それに対して「えんぴつ」って、物を「在り」にしていくものじゃないですか?例えば白紙に線を入れるだけでそこには「存在」が出来る。何にも無い穴、その「無い存在」を自分達で意味の在る物にしていきたい、それをえんぴつで書き進んでいくっていう、意味を込めて、穴の象徴「マカロニ」と存在を作る「えんぴつ」で「マカロニえんぴつ」です。

引用:([TOTE])

爽やか系ながいいですね♪聴けば聴くほど良い歌が多いのですし、好きな人はとことんマカロニえんぴつにハマりそうですね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

 

第9位 緑黄色社会

出典:(緑黄色社会 公式ホームページ)

緑黄色社会は私自身も2018年に紹介したアーティストで「これはバズるぞ2018」でも10位に選ばれ、2年連続となっています:)

緑黄色社会-今年流行すると言われている新世代のポップソングバンドとは!?

緑黄色社会は2012年に愛知県出身ロックバンド。メンバーはGt.&Vo. 長屋晴子・Gt.&Cho. 小林壱誓・Key.&Cho.  peppe・Ba.&Cho. 穴見真吾の4人。

緑黄色社会のバンド名の由来はバンド名を決める際に長屋晴子が野菜ジュースを飲んでいて、小林壱誓が「緑黄色野菜」って言ったら、メンバーが「緑黄色社会?」って聞き間違えたことがきっかけのようです‼

上の記事内でも紹介しているので、ぜひオススメしている曲を聞いてみてくださいね♪

 

 

第8位 TENDOUJI

出典:(TEDOUJI 公式ホームページ)

2015年に結成されたロックバンド。メンバーはGt.&Vo. アサノケンジ・Gt.&Vo. モリタナオヒコ・Ba. ヨシダタカマサ・Dr. オオイナオユキの4人で4人ともに中学生時代の同級生。

 

TENDOUJIのバンド名の由来は、バンド結成した頃にモリタナオヒコが読んでた本の主人公(or脇役)がテンドウジで、そのキャラがすごく好きだったことからバンド名にしたいと言ったら「クソどうでもいい」と言われたそう 😀 そのため特に深い意味はありません。

参考:(Spincoaster)

 

TENDOUJIはMVが好きで、初めて知った時の第一印象はメンバーの顔をや名前の響きから「ちょっと(パンク系の)やばいバンドなのかな〜」と思いましたが、聴いてみて180度覆してくれた私の中である意味やばいバンド(笑)日本人の英語ってどうも洋楽と比べると「あぁ〜…」と気持ち的に下がるのですが、これはなりません!英語うますぎ‼

 

 

第7位 reGretGirl

出典:(reGrentGirl 公式ホームページ)

大阪をで活動するロックバンド。メンバーはGt.&Vo. 平部雅洋・Ba. 十九川宗裕・Dr. 前田将司の3人。

 

reGretGirlのバンド名の由来は平部雅洋が昔の彼女にフラれて「いつか有名になってフッたことを後悔させてやる」と思ったことから、英語で後悔という意味の“regret”と女の子の“girl”で(後悔する女の子)という意味になったようです!

参考:(reGrentGirl 公式ホームページ)

バンド名から既に女々しさを感じさせますが曲にもすごく現れていて、特に紹介している「ホワイトアウト」は絶大なる女々しさを誇っていることからバズリズムでは「男性版“西野カナ”・第二の“back number”」とも紹介されていました‼西野カナと言えば共感出来てしまうような歌詞も多いので、男性の恋に対する気持ちが歌詞を聴いていて分かりそうですね♪

また大人気アプリのTik TokでもreGretGirl楽曲が使われているようで藤田ニコルがInstagramのストーリーでも歌詞を紹介しているとか‼(アプリ系は疎いのでついていけません(笑))

 

 

第6位 ずっと真夜中でいいのに。

出典:(音楽ナタリー)

ずっと真夜中でいいのに。は公式サイトはあるものの一切プロフィールは紹介されておらず謎に包まれたアーティスト。YouTube上にて2018年6月4日に初投稿された「秒針を噛む」では1359万回再生を記録しています。(2019年1月8日現在)

「秒針を噛む」の紹介文の欄には歌詞&Vo. ACAね・ 作曲:ACAね×ぬゆり・アレンジ:ぬゆり・映像:Wabokuが行っていると記載されていますがまだまだ謎めいていることがいっぱいです!そんな彼女らに今後も注目ですね♪

参考:(ずっと真夜中でいいのに。 公式ホームページ)

 

 

第5位 中村佳穂

出典:(中村佳穂 公式ホームページ)

中村佳穂は1992年5月26日生まれで京都在住の女性ミュージシャン。彼女が2歳の頃にピアノに出会い、そこから京都精華大学に入学した20歳から本格的に音楽活動をスタートし作詞するようになったようです。
また2016年にはあの4大フェスのうちの1つでもあるFUJI ROCKのGypsy Avalonに出ていました!

出典:(FUJI ROCK2016 公式サイト)

それだけの実力の持ち主ということですし聴いてみて、すごく鳥肌が立ちました‼ジャンルは違えど音楽を通じて楽しめるっていいですね♡

YouTube上にもその当時のフェスでの様子がアップされているので見てくださいね♪

 

 

第4位 Survive Said The Prophet

出典:(Survive Said The Prophet 公式ホームページ)

Survive Said The Prophetは2011年に東京で結成されたロックバンド。メンバーはVo. Yosh・Ba.&Vo. Yudai・Gt. Tatsuya・Gt. Ivan・Dr. Showの5人組。

ONE OK ROCKやSiMなどに続く次世代ロックバンドとしても注目をされていて、第5位の中村佳穂に続きSurvive Said The Prophetも4大ロックフェスの1つSUMMER SONIC2017の MOUNTAIN STAGEに出演したことがあります!

私は激しい系は好きなタイプなのでSurvive Said The Prophetは聴いていて好きな感じでした♪ライブでも盛り上がりそうなこと間違いなしな予感がします:) また曲によっても印象が全く異なるところもおすすめポイントです☝︎

 

 

第3位 ネクライトーキー

出典:(ネクライトーキー 公式ホームページ)

2017年に結成されたバンド。メンバーはGt.&Vo. もっさ・Gt. 朝日・Ba. 藤田・Dr. カズマ・タケイの4人。

ネクライトーキーのバンド名の由来は朝日が “トーキーメモリーズ” いうバンド名を持ってきたが、ダサいことから却下。

しかし“話し手”という意味があるトーキーは使おうということでトーキーだけ残し、曲調はポップやけど歌詞の部分でちょっと根暗な部分が見え隠れすることから、その根暗をとって、根暗→暗い→泣くという意味があるcryと光のlightを使った結果、採用されたとか♪

参考:(UtaTen)

Gt.&Vo.もっさの声がすごく特徴的で、とっとこハム太郎のような声であるとSNS上では言われていて特徴的な声が好きな人にとってはオススメのバンド♪声かわいすぎか‼って思わずツッコミたくなります(笑)

 

 

第2位 ズーカラデル

出典:(ズーカラデル 公式ホームページ)

北海道札幌市出身のロックバンド。メンバーはGt.&Vo. 吉田崇展・Ba. 鷲見こうた・Dr. 山岸りょうの3人。

ズーカラデルのバンド名の由来は「動物園=ZOOから出る」という意味だそそうです!

参考:(TOWER RECORDS)

彼らの凄いところはTOWER RECORDSこと通称 “タワレコ” のスタッフがまだ世間で話題になる前のアーティストをいち早くオススメする名物企画「タワレコメン2018」の選出アーティストの中からズーカラデルがアーティストオブザイヤー2018に選ばれました!

https://twitter.com/TOWER_Recomen/status/1075701309733462016?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1075701309733462016&ref_url=https%3A%2F%2Ftower.jp%2Farticle%2Fcampaign%2F2018%2F12%2F21%2F01

 

賞を受賞するほどの実力の持ち主であるということですし、何よりもキュウソネコカミのメンバーを始め多くのアーティストも絶賛するほど‼

ズーカラデルのメロディーや歌詞が好きですし、もしバンドをまた組む機会がありコピーバンドをするとしたら「ズーカラデルの曲をやってみたいな〜」と思います(*^^*)

 

 

第1位 King Gnu

出典:(King Gnu 公式ホームページ)

栄えある第1位に輝いたバンドはKing Gnuです!2015年に結成されたバンドで、メンバーはGt.&Vo. 常田大希・Vo.&Key. 井口理・Ba. 新井和輝・Dr.&Sampler. 勢喜遊の4人。

東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイターの常田大希が2015年にKing Gnuの前身バンドとしてSrv.Vinciを結成していましたが現在のメンバーへのメンバーチェンジを経て2017年4月26日、バンド名をKing Gnuに改名しました!

 

FUJI ROCKやRISING SUNなどの大型フェスに出演し、第2位のズーカラデルに続き米津玄師やASIAN KUNG-FU GENERATIONなども絶賛しているだけでなく音楽業界からも大注目されていますʕ•ٹ•ʔ

 

King Gnuは今までに発表してきたアーティストの中でも特に個性的で、1月16日にはついにメジャーデビューアルバム「Sympa」もリリースされるので、2019年の彼らの活躍に期待がされています:D

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?バズリズムの「コレはバズるぞBEST10」に基づいて2019年にバズるであろうアーティストを1〜10位まで見ていきましたが、どれも注目しない訳にはいかないアーティストばかりで、どれもそのバンドにしかないような魅力を持っています♡

 

2019年も様々なフェスやライブが開催されると思いますし、紹介されたアーティストは過去を振り返ってみると人気になっているので今のうちから予習して、いつでもライブに行けるように備えておきたいですね♪

アーティスト情報カテゴリの最新記事