名器にも触れることが出来る⁉-下北沢ギタリスト会とは⁉

名器にも触れることが出来る⁉-下北沢ギタリスト会とは⁉

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

いきなりですが皆さんは“下北沢”という場所を知っていますか?下北沢は東京の世田谷区にあるのですが、そこで「下北沢ギタリスト会」というものが開催されると聞いたので、早速見ていきたいと思います!

 

下北沢ギタリスト会とは⁉

出典:(2018楽器フェア 下北沢ギタリスト会)

日本楽器フェア協会が主催している2018音楽楽器フェア。このフェアはなんと50周年を迎えそのスペシャルとしてTOTALFATのKubotyの呼びかけで集まったギタリストたちからなる、ギタリストによるギタリストのためのギタリストイベント下北沢ギタリスト会が行われることが決まりました!:-)

日程は10月20日(土)で場所は東京ビッグサイトの西1・2ホールです!開場17:30・開演18:00。終演は19:30頃を予定しているそうです!入場料は一般チケット4500円 (税込/楽器フェアチケット代含む)・学生チケット(高校生以下対象)は3300円です!

 

日本最大級の楽器総合イベントである音楽楽器フェアは国内外の一流ブランドの楽器や最新技術を駆使した新製品などを集めており、憧れの名器から新製品までの実際の楽器を見たり触って弾いてみて購入をすることもできます•̀.̫•́✧

 

出演アーティストについて!

会場ではTOTALFATのKubotyを始めとし、以下のギターリストが出演します!

Kuboty(TOTALFAT)

2004年にTOTALFATのGt.&Cho.として正式に加入。ギターを始めたきっかけはX JAPANが大好きで、X JAPANの代表曲「紅」を聴いて小学6年生のときにギターを手にしたことがきっかけ。バンジョーという楽器を弾いていた父親に錆びた弦のアコースティックギターをもらい弾いていたとのこと。学校から帰ると教則本を見て少しずつ練習を始めたそうです。

 

画像出典:(2018楽器フェア)

 

生形真一(ELLEGARDEN・Nothing’s Carved In Stone)

中学1年生の頃から最初はドラムを叩こうとしていましたが、ドラムを買うお金や叩く場所がなかったことから本格的にギターを始めましたが、当時はバンドブームでどんどん色んなバンドの音楽が耳に入ってきて、とにかく何でも良く聴いていたそうです。

画像出典:(2018楽器フェア)

 

TAKE (FLOW)

音楽にきっかけをもったのは小学時代のアニメソングがきっかけ。また、楽器を持って演奏しようと思ったのは中学時代にFLOWのVo.であり実の兄であるKOHSHIの影響でX JAPANを聞き始めたことがバンドに興味をもったきっかけ。雑誌の後ろに記載されている通販で兄が自分の分と一緒にギターを注文してくれていたことからギターを始めるしかないと思ったそうです!

画像出典:(2018楽器フェア)

渡邊幸一 (グッドモーニングアメリカ)

ギターをし始めたのは中学3年生の頃でMr.Childrenが大好きでアコースティックギターを買って弾き語りをしていたそう。高校当時はバンドを組みボーカルをしていたが、クビになったそうです(笑)

画像出典:(2018楽器フェア)

 

小野武正 (KEYTALK)

楽器を始めたきっかけは周りの友達が皆ギターでL’Arc~en~CielやGLAYなどをコピーしていたことからの影響だそう。中学2年生の時からアコースティックギターを始め、エレキギターも弾いていたようです。

画像出典:(2018楽器フェア)

またスペシャルゲストととして、MAN WITH A MISSIONのVo. ジャン・ケン・ジョニーや、ゲストリズムセクションとしてベースにZantö・THE RODSの美登一、ドラムにUNISON SQUARE GARDENの鈴木貴雄 も参加します!

 

アクセスの仕方について

地図で場所を確認してみましょう。

 

最寄り駅はゆりかもめ線の「国際展示場正門駅」となっていて駅から徒歩3分。またりんかい線からも行くことが出来、最寄り駅は「国際展示場駅」となっています。

それぞれの行き方からについては以下の画像を参考にしてみてくださいね:)

 

各出典:(東京ビックサイト 公式ホームページ)

 

最後に

いかがだったでしょうか?アーティストを招いて実際に話や音を聴いてみたり、実際に最新のものから名器のものなでいろんな種類のギターにも触れたり弾くことはめったに出来ないことなので、こんな機会だからこそいろんな音を奏でるギターに触れてみるということもいいのではないのでしょうか?(*^^*)

 

アーティスト情報カテゴリの最新記事