マキシマム ザ ホルモン3度目の活動休止⁉−その真相とは…?

マキシマム ザ ホルモン3度目の活動休止⁉−その真相とは…?

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

先日行われた氣志團が主催するフェス「氣志團万博2018」のマキシマム ザ ホルモンが出演しライブを行った後に会場内のスクリーンに流れた映像で当面のライブ活動を休止することを発表をしました。

そして昨日私はたまたまではありますが、HEY-SMITHが主催するフェスである“ハジマザ”こと「OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018」に行って実際に見てきたので、今日はそんなマキシマム ザ ホルモンについて見ていきたいと思います!

 

マキシマム ザ ホルモンってどんなバンド⁉

(左から上ちゃん・ダイスケはん・ナヲ・マキシマムザ亮君)

出典:(マキシマム ザ ホルモン Twitter)

1998年東京都八王子で結成されたロックバンドで略して「ホルモン」と呼ばれています。メンバーはマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)・ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)・上ちゃん(4弦)・ナヲ(ドラムと女声と姉)の4人。

バンド名の由来は「脳内分泌物(ホルモン)が最大級(マキシマム)に分泌されるくらいの“血沸き肉踊る”音楽をぶちかます!」という意味があるそうですが、焼肉の「ホルモン」が好きでそこに「マキシマム」や「ザ」をつけてマキシマム ザ ホルモンになったそう。

(「ザ」の前後は半角スペースを開けるのことが正しい表記となっている。)

 

ホルモンの曲はホルモン独自の表現で意味不明に見えて実は奥深い歌詞と、激しいラウドロックにPOPなメロディを合わさせたサウンドスタイルが特徴で、「エアマスター」を始め「闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜」や大きな反響を呼んだ「DEATH NOTE」の主題歌など様々なアニメの曲を担当しています。

 

2007年3月にリリースされた「ぶっ生き返す」ではオリコンチャート5位を記録し累計売上枚数40万枚以上のロングセラーとなりました!また翌年の2008年3月には初のアメリカツアーにもいき、10月末〜はイギリス・ドイツ・フランス・スペインと自身初の「EURO TOUR」を開催し2000人規模の単独公演の全会場が完売。アメリカのバンドSlipknot主催の“KNOTFEST MEXICO”では唯一の日本人バンドとしてメインステージに出演しました。

しかしダイスケはんの喉にのう胞ができていることが判明し手術・リハビリのため、12月から3ヶ月間のライブ活動休止を発表しました。

復活してからは2011年のAIR JAMに出演したり活動を行っていたりアルバム「予襲復讐」をリリースしていましたが2015年6月ナヲの妊活を理由に活動休止。無事女の子を出産すると2017年にライブ活動を再開し様々なフェスに出演や対バンとしてライブ活動を行っていましたが2018年9月15日に行われた氣志團万博にて当面の間活動休止することを発表しました。

参考:(マキシマム ザ ホルモン 公式ホームページ)

 

メンバー紹介

マキシマムザ亮君

1978年12月13日生まれで本名は川北 亮でDr.のナヲとは実の姉弟である。亮君の君は名前の後につける君ではなく「暴君」からきているそう。

ホルモンのほとんどの曲の作詞作曲を担当している。

以前は太っていたが、毎年受けている人間ドックの検査結果で糖質異常や尿酸値が高かったことから食事制限や運動を行ったことから痩せた。

 

ダイスケはん

香川県出身で1977年9月13日生まれ。本名は津田大輔。

ホルモンの初期メンバーのうちの1人で主にホルモンではシャウトやデスヴォイスを担当しているがナヲが歌う時にはドラムを叩いていることもある。代表的な曲は「パトカー燃やす」・「ポリスマンファック」。また「え・い・り・あ・ん」では曲中にパートを変わっている。

高校時代は地味な人であったという証言もある。

 

上ちゃん

1980年4月15日生まれでベースとコーラスを担当。本名は上原太。

タトゥーを入れてることが特徴的で、Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)の熱狂的ファンでもあるためメンバーと同じ柄のタトゥーを入れているのだとか。

特に腕のところにある鳥のタトゥーがあるのだが、それを入れている時に奥さんから「子どもが出来た」という連絡が来てコウノトリ的存在であることを語っている。

しかし隙間恐怖症のためタトゥーが入っていない隙間が怖く感じていたときもあった。

 

ナヲ

1975年12月16日生まれでホルモンの中で1番の最年長。ダイスケはんと同様に初期メンバーのうちの1人でマキシマムザ亮君の実の姉。本名は熊本(旧姓:川北)奈緒。ドラムとヴォーカルを担当している。

現夫は親交のあったパンクバンド「REMIND」のベーシストの人でいい夫婦の日こと11月22日に入籍。2010年に第1子の女の子を出産、2015年には第2子を妊娠したが胎児に問題があったため妊娠8週目で流産をしてしまう。第3子では安静に留意していたこともあり出産した時には安産で第2子となる女の子が生まれました。

 

完全レポ‼-ホルモンがついに活動休止⁉その理由とは?

出典:(マキシマム ザ ホルモン 公式Twitter)

当日ハジマザでは多くの人がホルモンTシャツを着てきていました!私もTシャツではないのですが、昔サマソニに行ったときにホルモンのタオルを買っていたので持って参戦。

ちなみにホルモンと同じくらい続いて多かったTシャツは2018年の京都大作戦のものでした!私も実は今年の京都大作戦のTシャツを着て「大雨で行けなかった思いをこのフェスに全てぶつけよう!」と思っていたのですが、考えることは同じですね(笑)

 

そしてハジマザは「HAZIKETE STAGE」と「MAZARE STAGE」と「HAZIMAZA BOX」の3つのステージがありました。ホルモンはその「MAZARE STAGE」で行ったのですが、その前にそのステージでやっていたORANGE RANGEのときから既に大勢の人がいました!

ホルモンの時間が刻一刻と近づくにつれて更に人は増え、もう動ける隙間なんてなかったです。:)

 

ホルモンがいざ出てくると会場は大盛り上がりで1曲目はなんと「握れっっっっっっっっ‼」からスタート!そして2曲目はまさかの聞きたい!と思っていた「シミ」でした(TOT)♡ナヲpartはやっぱり皆で歌うのが良いですね♫

MCでは台風の影響で会場が壊滅状態になっていて多くのものが吹き飛んでしまったため、今回は楽屋がバンドごとではなく、1つの楽屋を皆で共有していたのですが、その楽屋にはなんとHEY-SMITHのGt.&Vo.の猪狩さんの親戚の方でいっぱいであることやスナックになっていること等おもしろいMCを聞くことが出来ました(*^^*)

 

そして楽しい時間はあっという間に過ぎていき最後の曲は「恋のスペルマ」‼皆で歌いながら踊って最高に楽しかったです。

ライブが終わると氣志團万博同様にスクリーンに映像が流れました。そのスクリーンにはダイスケはんが頚椎椎間板ヘルニアと診断され、緊急手術が避けられない状態であることが発覚しハジマザでのライブを最後に当面のライブ活動を休止するとの発表がありました。活動の再開時期は現時点では未定。(2018年9月17日現在)

しかし本日2018年9月18日の21時〜ホルモンの公式サイトにて5年振りとなる新曲MVが緊急公開することも発表した後、MVではヘドバンやデスヴォイスを自粛する文字が書かれており会場ではちょっとした笑いにつつまれていました。:D

 

実際の発表の様子はこちらからどうぞ☟

 

 

その日の夜にはダイスケはんから皆に対するメッセージもSNS上にアップしてファンからは手術が成功することや「いつまででも待っている!」などと温かい声援が送られました♫

View this post on Instagram

【ダイスケはんから皆さんへ】

A post shared by マキシマム ザ ホルモン (@mth_official_33cjl) on

出典:(マキシマム ザ ホルモン 公式Instagram)

 

 

そんな最高なライブをしてくれたホルモンのセトリは以下の通りです!

  1. 握れっっっっっっっっ‼
  2. シミ
  3. 鬱くしきOP~月の爆撃機〜鬱くしき人々のうた
  4. falling jimmy
  5. 糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
  6. 恋のスペルマ

 

◎新曲のMVはこちらからチェック‼☟

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?私は高校時代に電車での通学中にホルモンをほぼ毎日と言っても過言ではないくらい聞いていて「ライブで聞いてみたい!」という思いがあったので、すごく今回のハジマザがたまたま活動休止のタイミングとなるでしたが特別な日に見ることが出来てよかったです。

青春がすごく蘇ってきて最後のスペルマでは1人泣いていました。これはあくまでも私の主観ではありますが、スクリーンに映ったマキシマムザ亮君の顔が少し寂しげな顔をしていたので最初から少し泣きそうになっていたんですが我慢出来ませんでした…(TOT)(笑)

 

でも決して解散ではないし現時点では復帰時期は未定であってもダイスケはんの頚椎椎間板ヘルニアが治ってまたライブが出来る状態にまで回復したらきっと今回以上に楽しいライブをまた行ってくれると思うと素直にその日がくる時が楽しみで仕方ないですね♫

アーティスト情報カテゴリの最新記事