あなたもバンドを結成できる⁉その方法とは?

あなたもバンドを結成できる⁉その方法とは?

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

今日はバンドの組み方についてです!私はこのサイトの色々なところの記事内で言っていますが高校時代は軽音楽部に所属していました。軽音楽部に入りたくてその高校を選んだわけでもないし、元々「ロックが好きでライブ行ってます!」という人でもありませんでした(笑)

 

これを言うと私の年齢がバレてしまうかもしれませんが、当時“花男”こと「花より男子」がテレビで放送されていて、そのメンバーのうちの1人に嵐の松潤が演じる道明寺司に夢中になっていたのでロックと言うよりはむしろジャニーズが大好きで、使っていたその当時使っていたiPodには嵐や関ジャニ∞・NEWSが中心でした(*^^*)

そんな私がなぜこんなにもライブやフェスに行きまくるロック好きになってしまったのか…気になりませんか?(笑)

 

それは単純明快。バンドを結成したことで、聴くジャンルが変わったからです;)

 

「えっ⁉」ってなりません?(笑)人は知らず知らずのうちに選択をしながら生きていると言われています。

出典:(photo AC)

簡単なことから今回のように人生が変わるターニングポイントとなる選択肢を選ぶこともあります。

「ライブを見たり好きな音楽を聴いてバンドを結成したい!」・「楽器を使って有名になりたい!」や私のように「軽音楽部に入ったことから結成することになった!」・「バンドを組まないか?と誘われた!」…など人によってきっかけやタイミングは様々です!

 

前置きが長くなりましたが、そんなバンドを結成したい!という人に向けた結成の仕方について紹介をしていきたいと思います!

 

バンドの結成の仕方について

ここではバンドを結成するまでの行動について紹介していきます!

自分の意思を確認することから始める

まず必要なことは自分の意志を確認することから始めましょう。これはどういうことかというとバンドを結成するにあたってプロとして目指すor趣味としてするのか。それによって大きく影響してきます!

また自分はどんな曲をバンドで演奏したいのかも確認しましょう。作詞作曲をしてオリジナル曲を演奏をしたいorコピーバンドとして演奏していくのか。これもあらかじめ決めておきましょう。

 

全ては後々の食い違いをなくすために。

 

何人構成バンドにするのか考える

「バンドをしたい!」と思っていても1人では出来ません。バンドによって異なりますが、まず何人構成のバンドにするのかは大事です。バンドに人数の決まりはありませんが、3〜5人構成が中心的で稀に中には9人構成の「東京スカイパラダイスオーケストラ」とバンドもいます。

人数が多ければバンドで出来る音楽の幅が広がってきますね!

 

ここで代表的なバンドをそれぞれ見ていきましょう〜(*^^*)

代表的な3ピースバンド10選

  • WANIMA
  • Hi-STANDARD
  • ヤバイTシャツ屋さん
  • 10-FEET
  • SHISHAMO
  • back number
  • MONGOL800
  • 打首獄門同好会
  • UNIZON SQUARE GARDEN
  • 凛として時雨

など

 

代表的な4ピースバンド10選

  • KNOCK OUT MONKEY
  • SiM
  • ELLEGARDEN
  • THE ORAL CIGARETTES
  • ONE OK ROCK
  • [Alexandros]
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • マキシマム ザ  ホルモン
  • 9mm Parabellum Bullet
  • SCANDAL

など

 

代表的な5ピースバンド10選

  • キュウソネコカミ
  • coldrain
  • ORANGE RANGE
  • ROTTENGRAFFTY
  • 東京事変
  • FACT
  • Crossfaith
  • ヒステリックパニック
  • a crowd of rebellion
  • MAN WITH A MISSION

など

 

パートを探す

何人構成のバンドにするのか決まれば次はパート探しです!

例えば自分がドラムをするとなれば、ドラムのパートを募集する必要はいりません。しかし構成によってですがギター2人いることはOKです♪ギターが2人集まった場合にはよく話し合い役割を決めましょう:D

ギターには「リードギターとサイドギター」として分けているバンドや「ギターヴォーカルとリードギター」と分けているバンドなど様々です!

またそのパートを見つける時には何年その楽器を弾いたり叩いたりしているのか。そしてどれぐらいペースでやっていてどんなことが出来るのか聴いておくことがオススメです!

「ドラムを初めて1年くらいだけど、なかなか忙しくてまだ8ビートしかできない」などと言ったこともありますので個々のレベルもバンドにとって大事です!1人だけずば抜けていても逆にそこだけが目立ってしまうので(笑)

 

どうやって見つける?

「バンドを組みたい!でも周りにそういう人がいない!」なんてことがあります。どこで募集をしたらいいのかわからないですよね(TOT)学校ならまだ部活やサークルで気が合う人と組むなど見つけ方はありますが、社会人になってしまうとそう簡単には見つけにくくなるものです。

 

そういう時には以下の方法がオススメです!

バンドメンバー募集サイトで募集をする

ネットで検索してみると「OURSOUNDS」というサイトがあります。ここではバンドメンバー募集専用の掲示板となっているので書き込むといいでしょう。加入したい人も書いていることもあるので、もし自分にあった人がいた場合は声をかけてみましょう♪

参照:(OURSOUNDS)

また他にも「ROCK/JOINT」と言う交流会があります。これはバンドマンとして活躍する人を交流会に参加することで直接見つけるというものなので、興味を持った人は1度行ってみるといいでしょう♫

参照:(ROCK/JOINT)

 

SNSでコミュニティーなどに入って募集をする

ネット社会と言われるほど人はLINEやTwitter、FacebookなどのSNSをつかって繋がっています。特にTwitterでは気軽にフォローをしやすいので比較的LINEなどに比べると見つけやすいと思いますよ♪

 

友人・知り合いを経由して募集をする

友達に自分が募集していることを言いましょう。少し時間が経ったころに、ふとしたきっかけであなたに紹介をしてくれるかもしれません♪

ここだけでありませんが募集をする際はしっかり自分の意志を明確に言いましょう!

例:「私は趣味程度で好きなバンドのコピーをして活動をしたい!」

  「俺はプロとして活躍したいから本気で一緒に組んでくれる人を募集している!」

など

 

メンバーが集まったら…?

ついに自分と気が合うメンバーが集まったからと言って安堵してはいけません。(*゚∀゚)

一度皆でスタジオへ行くなどして実際に演奏してみましょう!と言っても個々に過去に練習してきた曲はバラバラなので、メンバーが決まった際には楽譜を渡すなどして、集まる日までに練習してきてもらうと良いかもしれませんよ(*^^*)簡単な曲で構いません♫

そこで自己紹介をしていくと共に「普段どんな曲を聴くのか?」などの会話をしたり、「私は趣味程度で好きなバンドのコピーをして活動をしたい!と思って募集をかけ集まってもらったけどそれで大丈夫?」など自分の思いも再確認もしておきましょう!

 

そこで同意を得れれば、ようやくバンドとして初めて安心できます♫あとは好きなタイミングでバンド名を決めたり、LINEを交換し合ったりしてグループラインを作っておくといいですね!

 

最後に

いかがだったでしょうか?(*^^*)今回はどちらかというと社会人向けのバンドの組み方について紹介をしました。私は冒頭でもジャニーズしか聴いておらず高校生の時軽音楽部に入部しバンドを結成しましたが、この時に選択した道は私は一切間違っていなかったと今でも思いますし、入部していなければロックに一切興味を持たなかったと思います!

 

本当にコピーバンドとして3年間引退するまで3つのバンドのドラムとして組んで色んなアーティストの曲を演奏出来たことは私の中で一生の思い出です(TOT)♡

 

もしバンドを結成することになった場合はぜひこの記事を参考に結成してみてくださいね:D

ライブ・フェス情報カテゴリの最新記事