KEYTALK-歌って踊れるロックバンド。その理由とは⁉

KEYTALK-歌って踊れるロックバンド。その理由とは⁉

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

今日はKEYTALKについて書きたいと思います!私がKEYTALKを知った時は高校生の時だったのですが、たまたまTSUTAYAで当時オススメアーティストとして紹介されていたので、借りたことがきっかけでした。しかし借りてきたものの全曲を聞くわけでもなくバンド名を覚えることもなく、ただお気に入りだったほんの1曲のみをずっと聞いていました。

いつの間にか聞かなくなっていった時にFear, and Loathing in LasVegas(通称:ベガス)が主催したイベント“MEGA VEGAS2016”に行くとKEYTALKも出演。足を運びスタンド席で見てみると、以前聞いていた曲をしてくれ「あっ!この曲‼」となりましたし、他の曲を聞いていても「楽しいし、なんだこの踊れるおもしろいバンドは⁉」となったので、そこからKEYTALKについてもっと聞くようになりました。最初からもっと聞いておくべきですよね笑

それでは早速見ていきましょう〜٩(๑´0`๑)۶

KEYTALKってどんなバンド?

出典:(KEYTALK 公式ホームページ)

KEYTALK…2009年7月に結成されたロックバンドで、2013年にメジャーデビューをし東京都の下北沢を中心に活動している4人組。KEYTALKという名前になった理由はDr.の八木優樹が尊敬しているピアニストの上原ひろみに「KEYTALK」という曲があり音楽的でいいなと思ったことがきっかけです。ちなみに「KEYTALK」とは音程で会話するという意味だそうです。

2010年3月にTOWER RECORDにて1000枚限定でリリースされたデビューシングル「KTEP」は即完売。同年の7月7日には1stミニアルバム「TIMES SQUARE」をリリース。プロデューサーにFRONTIER BACKYARDのTGMX aka SYUTARO TAGAMIを迎え、ダンスロック・パンク・ギターポップジャズ・フュージョンを再構築したデビューミニアルバムとなりました!

ライブや数多くのフェスに出演していく中、2012年4月には初の海外進出をし、台湾ツアーと台湾で有名フェスである「Spring Scream 2012」に出演し、きっかけに台湾での過去タイトルの音源を配信。2014年10月28日には初の武道館単独公演は1万1千人を動員し、2017年9月10日には1万2千人を動員した初の横浜アリーナ単独公演行いました!

ライブだけでなくNHKのアニメ番組「境界のRINNE」の主題歌を歌ったり、ROCK IN DISNYのとしてミッキーマウスマーチをカバー。そして今回はCCレモンのキャンペーン曲を歌っています!

詳しくはこちら☞(KEYTALK 公式ホームページ)

 

メンバー紹介

(左から小野武正・寺中友将・首藤義勝・八木優樹)

出典:(音楽ナタリー KEYTALK)

Gt.&Cho.小野武正

武正と呼ばれており、ギターやコーラス以外にもMCを担当している。14歳からクラシックギターを習っており、高校の軽音楽部の仮入部時にドヤ顔でギターの腕前を披露していたようです。ドラムの八木とは同級生である。

またモモノフ(ももいろクローバーZのファンのこと)でもあり、一押しはリーダーの百田夏菜子だと発表しています!メンバーカラーは黄色。

 

Gt.&Vo.寺中友将

寺中友将と書いて「てらなか ともまさ」と読むが皆からは唯一のあだ名の「巨匠」と呼ばれている。巨匠と呼ばれるようになった理由は、大学時代の頃のサークルの先輩に巨匠みたいに偉そうにしていたことからつけられたそうです!

他にも「サコ」と雨上がり決死隊のツッコミ担当の宮迫博之に似ていることからつけられたようです。武正とは音大時代の友達だったそうで、大学のアンサンブルの授業で巨匠がスティービー・ワンダーの「isn’t she lovely」を歌っていたことがきっかけで知り合ったそうです。メンバーカラーは赤。

 

Ba.&Vo. 首藤義勝

首藤義勝と書いて「しゅとう よしかつ」と読み、皆からは義勝と呼ばれています!義勝の両親が元々楽器好きであり、家にピアノやギターなどの楽器があったそうですが、ピアノはあまり続かず、ギターはクラシックギターだったため、指が痛くて弾けなかったそうで、本格的に楽器を始めたのは中学生だったようです!高校時代は10バンド以上を掛け持ちしていました!メンバーカラーは紫です!

 

Dr.&Cho. 八木優樹

八木と唯一の名字で呼ばれており、KEYTALKというバンド名の命名者でもある。ロックバンドundersignのドラマーとして、2012年まで活躍していました!メンバーカラーは緑です!

 

私のオススメ曲Top5

MONSTER DANCE

アルバム名:MONSTER DANCE・HOT!

「KEYTALKと言えばこれ!」と言っても過言ではないぐらい1番有名なこの曲。ライブでも定番で最後の曲として歌われることが多く、歌の前には両手を上に伸ばし、爪をたてるような仕草をしたり、サビでは曲に合わせてダンスをします!:D

一体感があるので一緒にしていてとてもおもしろく感じます!またGt.&Vo.の小野武正もニュース番組“ZIP!”に出演した際にも言っているのですが、この曲は「ダンス or フェイス」のためサビの「MONSTER DANCE」というところでは手も上げて踊りつつ、モンスターらしい顔をしてみんなで楽しみたいという思いもあるそうです♪ ぜひライブに行った時には手だけではなく顔もしてみてはいかがでしょうか?(ㆁωㆁ*)

 

fiction escape

アルバム名:ONE SHOT WONDER

この曲は一言で表すと「また違ったKEYTALKの一面を見れる。」そんな曲になっていて、この曲を聞くと元気をもらうことが出来ます!

リズムも特に私はここの部分の歌詞が大好きです!

割とまだ単純明快な23年間の 僕がやっと噛み砕いてきた人生経験を

裏切るくらいの音量で 12時前に叩き起こしてよ

難しそうな顔さえ見せない26年間に 詰め込んだ些細な不安の音

聞かせて欲しい 3年前に夢見た未来

引用:(プチリリ KEYTALK「fiction escape」)

この曲は1stフルアルバムの中の1曲で2013年3月6日にリリースされました。 2013年にメジャーデビューされたこともあり、この曲も含め初々しさが感じられることも特徴になっているため、この初々しさがまたいい!と思う方も少なくないはず‼

ライブでした時にも盛り上がる1曲なので、手をリズムに合わせて叩くポイントを覚えてみるといいかもしれませんね♫

 

YURAMEKI SUMMER

アルバム名:HOT!

この曲は他の曲と違って、掛け声をすることが多いことが特徴的で早速出だしから「yayaya…」と歌うところがあったり、サビのところでは「Wow Oh〜!」などと歌う場面があるなど乗りやすいリズムになっているため、私達も歌いやすいですしテンションが上ります!

ちなみにこの曲の作詞作曲はBa.&Vo.の義勝がしているのですが、作詞作曲をする時には実際に踊りながらリズムを作っており、その効果もあって実際に自然と踊れるサウンドが出来るそうです!エロさも多少兼ね備えていてまたそれがKEYTALKの違った一面を見れていいです(๑´ڡ`๑)

 

Love me

アルバム名:Love me

この曲はリリースされた日に早速聞いてみたのですが、初めての方にとっても聞きやすいサウンドで好きになってもらえやすい1曲です!まず最初のドラムのスネアの音から始まるところがいい!そして最後の義勝が歌う「ああ いつか Love me〜♫」の声の高さがいい!ツインヴォーカルの良さが十分に引き出されています!

そしてこのKEYTALKの周りで踊っている男性の方々のダンスがまた好きで私もダンスは苦手なのですが、すぐ覚えた思い出があります♫

この曲をずっと聞いた時から「ライブに行った時にして欲しい!」と思ってダンスもサビの時のダンスも覚え、いざ行ってみるとやってくれた日がありました。この曲が始まった瞬間から既に気持ちは最高潮で踊る気満々でしたが、いざサビが来ると意外にも他の曲に比べてMVのように踊っている人は私の周りにはいませんでした。笑

 

Summer Venus

アルバム名:PARADISE

手拍子から入るこの曲。夏の曲はKEYTALKの中でもたくさんありますが、他とは違い曲の途中になんとEDMが流れます!「えっ⁉KEYTALKとEDMって合うの⁉」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、それが聞いてもらえると分かってもらえると思うのですが、もうめちゃくちゃ合います!そして1回聞くと中毒性があるためこの曲が頭から離れません!

今年に入って早速ライブでしてくれたのですが、それはもう言わなくてもどういう盛り上がりだったか説明しなくてもわかりますよね⁉笑

それぐらい盛り上がりました!٩(๑´0`๑)۶

 

 

C.C.レモンのキャンペーンソング「Cheers!」

C.C.レモンのキャンペーンソングとして、KEYTALKと元プロテニス選手でもあり、今はスポーツ解説者としても活躍している熱い男“松岡修造”とのコラボとして、「Cheers!」をリリースしました!MVは松岡修造が学生に熱いエールを贈っていたり、曲の途中には合いの手をしていますが、曲はとても爽やかな曲になっています!:D

ニューシングルの早期予約キャンペーンも2018年6月5日〜開始されており、期間内に対象店舗で予約した人には「オリジナルチケットホルダー」がプレゼントされるようです!

<対象店舗>

・TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE

・HMV全国各店 / HMV & BOOKS online

・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング

・ヴィレッジヴァンガード川越ルミネ店・下北沢店

・Amazon.co.jp

※Amazon.co.jpでは、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をご予約下さい。

・Rakutenブックス

・新星堂全国各店 / WonderGOO全国各店(一部店舗を除く) / 新星堂WonderGOO楽天市場店

・山野楽器CD/DVD取扱店舗 / 山野楽器オンラインショップ

・セブンネットショッピング

・ビクターエンタテインメント オンラインショップ

引用:(KEYTALK 公式ホームページ)

 

またサントリーより「若者よ、ガンバレモン!!3000人のPOWER SONG PROJECT」として、C.C.レモンを購入し期間内に応募することによって3000名様にC.C.Lemonオリジナルソングのミュージックビデオ出演権、外れた方全員にLINEポイント200ptプレゼントされるそうです!

詳しくはこちら☞(サントリー 公式ホームページ)

 

最後に

いかがだったでしょうか?(*^^*)私もKEYTALKのアーティストを知ってまだ2年目とファン歴は浅いですが、今までは暴れるバンドをメインに聞いてきたので、KEYTALKの存在を知った時は「こんな踊れて楽しめるロックバンドなんてあるんだ!」という新しい音楽見つけた!と一緒の時ぐらいの気持ちに嬉しくなりました!

なので、この記事を読んで少しでも私と同じように「こんなバンドもいたんだ!」という思いになってもらえると嬉しいです♫

アーティスト情報カテゴリの最新記事