15歳の天才シンガーソングライター⁉-崎山蒼志って何者⁉

15歳の天才シンガーソングライター⁉-崎山蒼志って何者⁉

こんにちは!Ponです!(*´꒳`*)

今日はいつもとは少し異なり、Twitterのリツイートで拡散されて見つけた今話題の“15歳の天才シンガーソングライター”崎山蒼志についての記事です!

では早速見ていきましょう〜!٩(๑´0`๑)۶

崎山蒼志って誰⁉

出典:(坪井隆寛さんのTwitterより)

崎山蒼志…「さきやまそうし」と読み、静岡県在住の15歳の高校1年生。(2018/05/30現在)

なぜ有名になったのかというと、AbemaTVにてお笑い芸人のバナナマンの日村勇紀が出演している「日村がゆく!」という番組の『第3回高校生フォークソングGP!!』で見事優勝したからです!

でもただ優勝したからというだけはここまで有名にはなりません。なぜここまで人気があるかというと聞いてもらえれば分かるのですが、特徴的な声と圧倒的なギターの上手さ。もう目を閉じて聞いてみても15歳の男の子が弾いているとは思えません!(✽ ゚д゚ ✽)

シンガーソングライターになったきっかけは彼のお母さんがビジュアル系バンドが好きで、ビジュアル系バンドの“ガゼット”の曲をを聞いた時に「やりたい」と言ったことが始まり。その時はまだ4歳でしたが練習を重ね、小学校6年生になった時には作詞作曲もしていて、現時点でオリジナル曲で300曲はあるそうです!♬

収録時には小学校2年生の時に自転車に乗れるようになりましたが、5年生の時の交通安全教室で久しぶりに乗ると乗れず、それ以降乗れないことを言っていましたが、後日乗れるようになったそうです!

崎山蒼志のホームページはこちら☞(崎山蒼志 ホームページ)

 

またゲスの極み乙女。の川谷絵音やくるりの岸本繁もこの動画を見て絶賛しています!

アーティストにも注目され、川谷絵音には「プロデュースさせて〜」とのコメントが!

いつかそんな日がもし来たら、本当にすごいことですね(*^^*)

 

代表曲 「〜samidare〜五月雨」

この曲は崎山蒼志くんが中学1年生のときに作詞作曲した曲で、歌詞を書きながら、その時の悩みや思っていること書いたそうです!

曲については下の動画を見てもらえればいいのですが、まず中学1年生のときにタイトルである『〜samidare〜五月雨』を思いつくところがすごい!私が中学1年生の時なんて五月雨っていう単語をまず知らなかった。

そして曲名を言った後のギターの演奏。これがまた上手さが尋常じゃない!そしてとても特徴的な声と歌詞!

聞き終わった後も頭に残りまた聞きたくなるこのリズム…。何から何まで驚きを隠せません!

KIDS’Aというバンドも組んでいてGt.&Vo.をしていると同時に、弾き語りも行っています!

2016年には13歳でK-mix独立宣言ソログランプリやKIDS AでYAMAHA MUSIC BASH U-15部門でグランプリ受賞。2017年6月SONY×テイチク×JOYSoundメジャーデビューキミウタオーディションで、応募8019名からファイナリストの11名に選出されました!

動画もYouTube上にMVとして公開されたので、ぜひご覧ください♬

最後に

いかがだったでしょうか?AmebaTVのこの機会を基に、崎山蒼志くんがもっと有名になりいつかプロのアーティストとして活躍する。そんな日が来たらいいな〜と思います!٩(๑´0`๑)۶

アーティスト情報カテゴリの最新記事